2008年12月28日

ブルガリのドッピオ・トンド

ブルガリには、
ドッピオ・トンドっていうシリーズがあります。

ヤギの革を使用したものですが、
特徴はヤギ革特有のガラスのような光沢のある質感。

だからと言って、
キラキラとしていたり、
ツヤツヤしているわけでもありません。

例えば、エナメル加工のキーケースなどだと、
ツヤツヤしていて可愛い感じのものが多いです。

が、ゴートレザー(ヤギ革)の場合、
上質感を保ちながら輝きを放ちます。

エナメル加工の場合だと
どうしても安っぽく見えてしまったり、
かわいすぎる印象になってしまう事も少なくないです。

そうした事がなく、
いかにもブランド品といった雰囲気をかもしながら、
上質で品のある風合い。

それがドッピオ・トンドシリーズという人気のシリーズです。
posted by キーホルダー研究 at 04:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。